2014年7月27日

ブログ画像

かれこれ10年近く前の夏、モンゴルの7人家族のお宅を訪問し、数日間お世話になったことがあります。

ウランバートルから飛行機で北に1時間、ムレンから車で2時間程の草原に居る一家です。「居る」というのは、遊牧を生業としている一家は数カ月毎に住居を移動するので、当時そこに居を構えていたという意味です。

飛行場まで出迎えてくれたお母さん、息子さん2人、1歳のお孫さんと共に車に乗り込みお宅に向かう道中の雄大な草原の夕焼けは、息を呑むほど素晴らしいものでした。始めての訪問で緊張していましたが、お宅に着く頃にはお互いにすっかり打ち解けていました。

いよいよ、お宅に到着です。私達客人を見ると一家の犬が吠え立てましたが、お父さんが制生業すると大人しくなり、以後、私たちを警戒することはありません。

日本人の訪問は始めてというその一家は、私たちの為に客人用「ゲル」を用意していました。「ゲル」は、モンゴル遊牧民の住居で、柱と梁、それにフェルトを巡らせて作られます。数時間で完成するそうです。中央には炉が切られています。夏の日中は30℃位ですが、夜は0度近くまで下がる程1日の寒暖差が大きい気候なので、炉は1年中欠かせません。リビング、キッチン等区分けがあり、中心には直径6~7mのほぼ円形の空間があります。間仕切り等はありません。入口には鍵もなく、いつでもだれでもノックなどなく自由に出入りします。

一人になりたければ、馬を走らせて草原に出ればよい。

嗅ぎタバコを嗅ぐという一風変わった歓迎の後羊料理のもてなしを受け、いよいよ客人用ゲルに案内されましたが、入口近くに動物(狼?)そのままの毛皮が貼ってあり、心臓が飛び出るほど吃驚したことを懐かしく思い出します。歓迎の印だったのでしょう。

午後8時過ぎ夕日が沈むと暑かった昼間が嘘のようにしんしんと冷え込んできます。中央の炉の温もりが有難く、眠りに就くことができました。

夜中、何度かお母さんがやってきて炉の火を継ぎ足し、そっと客人の毛布を掛け直してくれるのを感じながら。

ゲルの外は羊や馬達の眠る草原、そして、空一面の星・・・

2014年7月17日

ブログサンプル(画像は文字数に含んでいません。タイトルはありません。)

 1.文字数が595字(改行等で空白になった部分はカウントしていません)

こんにちは、横浜支部所属の小河拓彦です。私は去る3月19日(水)から2泊3日で、愛知県豊川市にある豊川稲荷を見学し、長野県諏訪市にある諏訪湖を丘の上から見下ろすために旅に出ました。

初日はまず自宅最寄り駅を出発し、東海道線小田原駅で新幹線に乗り換えて、豊橋駅まで行きました。そこから飯田線の電車で豊川駅まで行き、豊川稲荷近くの宿にチェックインした後、豊川稲荷を見学しました。私は商売繁盛を願う人がたくさんいることを知りました。さて、豊川では地元の豊川高校が選抜高校野球大会に初出場することを知ったのですが、帰宅後しばらくして豊川高校が準決勝まで勝ち進んだのを知り、私が宿泊した宿のご主人も喜ばれているだろうと想像しました。

旅行2日目は、中央線の上諏訪駅を目指して、まずは豊川駅から特急伊那路1号に乗り、飯田線の飯田駅に向かいました。豊川駅付近の踏切に問題が発生したため、電車は若干遅れましたが、終点飯田駅にて後続の普通列車の茅野行きに乗り換えることが出来ました。普通列車内では車窓から沿線の風景を楽しみながら、電車に乗り降りする地元の人々を観察しました。電車が上諏訪駅に到着した後、私は息を切らしながら急な上り坂を登って丘の上にある宿に到着しました。翌朝、宿の窓から諏訪湖を見下ろすことが出来ました。

旅行3日目は、特急スーパーあずさ14号を利用して八王子に行き、横浜線経由で無事帰宅しました。